季節の変わり目に使いたいおすすめの低刺激化粧水の特長

季節の変わり目は、気温や湿度の変化でお肌にダメージが加わりやすくなります。
そこで季節の変化にも負けない、低刺激の化粧水の特徴をご紹介します。

 

季節の変わり目に感じるお肌の乾燥の原因

 

季節の変わり目と言っても季節によって、お肌には色んな症状があります。
例えば夏の終わりには紫外線のダメージでお肌がカサカサになりやすいです。
冬の終わりには暖房や外気のダメージなどで、乾燥しやすい状態が続きヒリヒリすることもあります。
春の始めには花粉アレルギーで肌荒れするケースもあります。

 

花粉症というと鼻水が出たり目が痒くなったりしますが、お肌にも悪影響を及ぼしている場合もあります。
どの症状にも共通して言えるのは、外部刺激が傷んでいるお肌に入り込んで起こりやすくなっています。
季節の変わり目にはお肌のバリア機能が低下しているため、外部からの刺激が侵入しやすくなります。
紫外線や花粉などの有害物質の悪影響を受けないためには、お肌のバリア機能を保つことが大切です。

 

バリア機能を低下させないことが大切

一年を通して肌のバリア機能を維持しながら、ダメージを受けにくいお肌を作っていくことが大切です。
バリア機能が低下すると、お肌の表面に隙間が空いた状態で紫外線などを吸収しやすくなっています。
お肌の老化や間違った洗顔方法、ターンオーバーの乱れなどが原因で起こります。
お肌のバリアとは薄さわずか0.02mmの角質層のことで、お肌の水分量を維持して潤った状態を維持するのにとても重要です。

 

健康な肌はバリア機能がしっかりと保たれていますが、敏感肌や乾燥肌はバリア機能が低下しています。
すると角質層に刺激が届き、絶えず潤いは逃げて行ってしまいます。
ですからバリア機能を回復させる低刺激化粧水を使って、外部刺激を受けにくい肌を作っていくことが望ましいです。
お肌のバリア機能は天然保湿因子(NMF)と細胞間脂質、皮脂膜で構成されていてどれもお肌にとって欠くことのできない重要な成分です。

 

これらの不足しやすい肌のバリア機能を補うのが、化粧水や乳液、クリームなどの基礎化粧品です。
健やかな肌は弱酸性に保たれており、良い状態であれば常在菌のバランスも整いやすくなります。
皮脂の少なくなっている敏感肌は弱アルカリ性に偏っているので、お肌を弱酸性に保つのもとても大切です。