花粉症の悩みは馬プラセンタが効果的?抗アレルギー作用について

春が近づくことでどうしても気になるのが、花粉症。
箱ティッシュを常備している方や、目のかゆみ、頭痛まで併発する方もいらっしゃると思います。
花粉症対策でレーザー治療なども存在しますが、その場しのぎの治療法なので効果が永続するわけではありません。
現代の医学でも完治まで行かない花粉症ですが、薬の副作用なしに症状を改善する方法があります。
それが今注目の馬プラセンタを摂取することなのです。

 

プラセンタを摂取するメリットは、何といっても副作用がほとんど見られないことです。
花粉症対策の薬は効果が高いものほど、ぼーっとしたり眠くなったりするという副作用が存在します。
しかし、プラセンタを摂取する場合にはそれは当てはまりません。
花粉症のメカニズムは、花粉が体内に入ってきた時にそれを排除するためにIgE抗体物質を作ります。
この抗体物質はマスト細胞とくっつくことで花粉を外へと追い出そうとしますが、その際にヒスタミンやロイコトリエンなどがマスト細胞から出されます。
これによりくしゃみや鼻水などのアレルギー症状が出るのです。

 

馬プラセンタには抗アレルギー作用があります。
これによってIgE抗体物質の過剰な生成を抑えて、マスト細胞と結びつきにくくしてくれます。
結果、ヒスタミンの生成を減少させるので花粉症によるアレルギー反応を軽減してくれるのです。
また、馬プラセンタには免疫力のアップと抗炎症作用が確認できます。
継続的に摂取することで体の免疫力を高めて、鼻水や鼻づまりなどの炎症を改善してくれます。

 

従来の花粉症治療を変えたい、薬はもう飲みたくないと言う人は馬プラセンタのサプリを摂取してみてはどうでしょうか?
実際に症状が緩和した方もいらっしゃいます。
かかりつけの病院がある方は一度医師と相談して試してみるのも良いと思いますよ。